カテゴリー「ニュース」の記事

ランナーのマナー

今日の夜、7時のNHKニュース 「NHKニュース7」 で取り上げられていたトピックがあった。 東京都千代田区が皇居周辺の歩道を走るランナーと歩行者の安全を守るため、新たなルール作りを開始するとのことであった。

ここ近年のランニングブームはすごいものがある。 普段の日常生活で目にし、耳にする情報の中で、ランニングに関する情報は格段に増えたと感じる。 ランニングに関する様々な催しやイベントも多く見かけるようになった。 その結果、ランナー人口も急増した。 実際、東京マラソンが始まった平成19年以降、朝6時から夜9時までの間、皇居のコースを走るランナーの数は、1日でなんと約4,500人に上るとのことである。 TVの画面でランナーたちの姿を見たがびっくりした。 自分が、皇居周回コースを走っていた10年くらい前の光景とまったく違って驚いた。 この皇居周囲のランニングコースとは、皇居のお堀の歩道を走る1周5キロのコースである。 信号がなく、コースも平坦で、1周が5キロとキリがいい。 皇居の穏やかなたたずみと、都心の活気あるも整然とした雰囲気が楽しめる。 特に、夜のライトアップされた光景は美くしい。 ファンランナー、シリアスランナーともに人気がある練習コースである。

このニュースで取り上げられていたイシューとは、皇居の周回歩道を歩いている歩行者がランナーと接触した、または接触しかねないシチュエーションが急増し、危惧を抱いているということであった。 番組では、レポーターが自らランナーとなって、そのコースを走りながら取材をしていた。 そこを歩いている人たちへのインタビューも含まれていた。 なかには、ランナーをよけようとし転んでケガをした人もいた。 ここを散歩がてら、ゆっくりと歩いて楽しむ人たちのランナーへのイメージは急落し、「一触即発」状態になっている、ということを聞いた。

ランナーたちが犯している、また犯しやすいマナー違反、自分の経験から言って、大きく以下があげられると思う。

  1. グループで歩道を横に広がって走る
  2. 車道を走る
  3. 信号無視する
  4. 道路などに平気でツバを吐く
  
他にも、公共に近い場所で上半身ハダカで走ったりすることなんかもあげられると思う。 もちろん、ランナーの中には、きちんとマナーを守って走っている人たちもいる。 かつて、喫煙者、ペットオーナー、また携帯電話に関してマナーの悪さが指摘されたことがあった(今でもそうだが)。 しかし、これらの人々から比べると、人口比ではもっともっと少ないランナーがマナーの悪さを指摘されたという事実は大きいのではないかと思う。 恐らく、この皇居のコースだけではなく、国内の他の場所でも同じような、問題が起こっている、または起きる可能性もあるのではないか。

千代田区ではランナーも含めた関係者を集い、ルール作りを始めるとのことである。 まずその前に、できることなら、我々ランナーがマナーやエチケットを守って走るためにはどうすればいいか考え、そしてそのためのルールを提示していく必要があると考える。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

川越小江戸マラソン

Cimg4326

昨日、川越小江戸マラソンが開催された。

大会が行われるの埼玉県川越市は、県南西部に位置し、人口約34万人。 江戸時代には川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」の別名を持ち、神社や蔵造りの街並みなどの歴史的建造物が多く存在する。 また、昨年、NHKの連続朝ドラマ「つばさ」の舞台にもなった場所でもあり、知名度は上昇中である。

その川越で開催されるマラソン大会。 実は、過去に1回だけあった。 15年くらい前に行われたのだが、なぜかそれっきりで終わっている。 なので「小江戸川越マラソン」と称して開催される大会は今回が初めてなのだが、その大会のことがあるせいか、「第1回」という名称はこの大会には付けられていない。 ちょっと残念だ。

コースは川越水上公園を発着するコースで、ハーフ、10K、ファンラン(4K)の種目がある。 この大会の最大の魅力は、川越が誇る、蔵造りの街並みがマラソンコースに組み込まれていることである。 その街並みを眺めながら走るのは最高だろうなと思う。

ゲストランナーもこの大会にふさわしい有名なアスリートたちである。 谷川真理、早川英里、そしてダンカンである。 東洋大学陸上部からも10名が招待選手として走ることになっている。 その中には、昨年の箱根駅伝優勝メンバーが数人いたり、今ブレイク中(?)の設楽兄弟もいる。 なんとも豪華なゲスト・招待選手の面々である。

大会当日の朝、同じ大会役員をするSさん夫妻の車に乗せてもらい6時に会場である川越水上公園へ到着する。 朝日が昇りかけ始めたころで、まだあたりは暗い。 その中でも、何人かのスタッフは忙しそうに動き回っている。 ミーティングの後、バスに乗って各自の持ち場へ移動する。自分の持ち場と業務は、5Kポストでの監察業務である。 すでに走路部会の方たちが、準備を始めている。 本格的な準備は、道路が封鎖される8時からなので、その間に、コーンやパイロンの設置場所などの確認をする。Cimg4313 

8時になり、走路の準備を始める。 チームワークよろしく準備があっという間に完成する。 あとは、先頭の到着を待つのみである。 だんだん沿道にギャラリーが集まってくる。 スタッフジャケットを着ている自分に、いろいろと質問してくる。 「ここを通過するのは何時頃か」、「ゲストランナーは誰ですか」、「制限時間はあるんですか」 などいろいろだ。Cimg4317 

9時15分、ハーフ種目のランナーが先導バイクのあとに通過する。 東洋大の千葉選手と設楽(どっちだかわからない)選手が並走し、目の前を通り過ぎていく。 その10数秒あとに、東洋大選手の集団が過ぎていく。 彼らのユニフォームは、箱根駅伝などの大会で見かける鉄紺カラーではなく、白地に黒いロゴのユニフォームだ。

しばらくして、谷川真理が目の前を通り過ぎる。 ピンクを基調としたシャツとランパンに、アームウォーマーと膝タイツを着用している。 やはり谷川選手の走っている姿はオーラが出ているとともに、華があると感じる。 その後、しばらくしてからは、どんどん走ってくる選手が増えていく。 人の波がどどっと押し寄せるような感じである。 もうランナーの波、波、嵐、嵐。 道幅もそれほど広くないので、やや渋滞気味である。 いつになったら途切れるのかと思うほどたくさんの選手たちが走って(歩いて?)くる。

女性ランナーのおしゃれなことに感動する。 なんと言っても、ランニングギアがおしゃれである。 ランニングブームに乗って、各メーカーからたくさんのアパレルが出されているのだろうが、自分に合ったウェアの選択や着こなしが素晴らしいのである。 ギア以外で身につけるアクセサリーや小物でも、さりげなく自己主張している。 すべての女性ランナーがとても輝いて見えた。 それに比べると、男性ランナーは、まだまだ負けている。。。Cimg4321_2

その後の10Kレースでの先頭グループが通過した後、ファンランの部ゴールである川越市役所前へ移動する。 ここで、ファンランランナーのゴールへの誘導と、それ以外の選手のコース振り分けを行う。 相変わらず、途切れることなく選手が走ってくる。 ゼッケンの色の違いに注意し、ファンランの選手をゴールへ誘導する。 やはり、ファンランの選手は、表情も険しくなく  余裕もある。 ペアで走っているので、ゴールでは笑顔もある。 こういう楽しみ方ができるのも、マラソン大会の魅力の一つであると思う。

無事自分の業務を終え、会場へ戻る。 表彰式が行われている。 自分のチームメンバーも年代別の種目で多数の入賞者を出した。 嬉しい限りである。 表彰式では、ゲストのダンカンもプレゼンテーターとして参加し、絶妙のトークで会場を盛り上げている。 その光景を見ながら、大きなトラブルもなく、大会が終わろうとしている状況にホッとするとともに、全国から参加してくれたランナーの人たちは、この川越の街を楽しんでくれたかなと願う。 この素晴らしい大会をサポート出来たことは、自分にとっても喜びであり、また来年、ぜひお手伝いさせてもらおうと思う。

最後に、同乗させてもらったSさん夫妻、WGM関連の役員の方々、本当にお疲れさまでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

与党の消費税増に見る相変わらずのあきれたスタンス

自民・公明両党は、消費税を上げたくて上げたくて仕方ないようだ。

現在、日本が陥っている低成長、景気後退を打破するためには、当然のことながら施策が必要である。 その施策を実施するにはカネがいる。 しかし国家は財政危機状態。 「じゃ、財源をどうするのか?」  与党がまるでオウムのように決まりきって唱えるセリフである。

自民・公明両党の論理はこうである。 財源がないので、消費税を上げましょう。 国民からお金を取りましょう。 だれでも考えつくアイデア、いやアイデアとも言わない。 小学生でも行き着くような、安直な結論である。 消費税増に頼らず財源をどう確保するか、もっとまじめに考えろと言いたい。

歳出の無駄をなくす。 いくら自民党でも、 少しはこういった意識はあったのかもしれない。 だが、何故それが何十年もの間できていないのか。 できなかったのか。 官僚主導、政財界癒着など、現在の政権の問題点でもあるこれらを解決しようという意欲なしでは、消費税増という国民に負担を強いるような政策を口にする資格はまったくもってない。

また、たとえ党の主張としてアピールしていくというのであっても、政府や一部のマスメディアは、消費税増が既定化路線であるかのように、国民をマインドコントロールしないで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鳩山大臣の辞任劇でわかる自民党の価値観

日本郵政の西川善文社長の続投をめぐる問題で、今日、鳩山邦夫総務相は麻生太郎首相へ辞任を申し入れ受理された。

この問題に関して、終始一貫した言動と行動を展開した鳩山氏は賞賛に値すると思う。 政府の要職にありながら、おかしい所はおかしい、直すべき所は直すべきだと率直に言明できる人物が今の自民党にいるだろうか?

トップに立つ者のクライテリアである、ゆるぎない理念と信念、プロアクティブな視点、迅速な問題処理能力、タフなリーダーシップ。 一国の首相としての資質が試された今回の騒動であったが、残念ながら、麻生総理は、これらのどれをも持ちえていないということが証明された。

また、西川氏を辞めさせることにでもなれば、郵政民営化という麻生内閣の改革路線は後退してしまうというのが自民党内の共通認識であった。 なぜ、西川社長を交代させることが民営化路線の障害になるのか? まったく持って理由が分からない。むしろ、その逆であろう。 経営面や不祥事の責任はトップにあるのが通常のビジネスの世界の考え方だと思う。 それにもかかわらず、社長の椅子に固執する西川社長のスタンスには大いに違和感を覚える。

この日本郵政は、本当に民間企業なのか? 民営化という一文字が存在し続ける限り、「政府企業」であることにはかわりがない。 にもかかわらず、「民間企業(日本郵政)に国が口出しするのはおかしい」 といった擁護論自体がおかしいと考える。 利害関係のない、第三者的立場の人間を企業トップとして迎えることが、国民の信頼を得、本来の郵政事業の改善・発展につながるのではないかと考える。

かんぽの宿売却や第三種郵便の不正利用に、国民の血税が浪費されていることを忘れてはならない。 ここまできたら、この国の舵取りを自民党に任せてはおけない。 一日も早く国民に民意を問うべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

足利事件に見る司法上の問題点

栃木県足利市で1990年、4歳女児が殺害された「足利事件」で東京高検は今日、無期懲役が確定し服役中だった菅家利和受刑者(62)を1991年12月の逮捕から17年半ぶりに釈放した。 現場に遺留された女児の着衣の体液と菅家さんのDNA型が一致しないとする再鑑定結果を覆す証拠はないと判断し、今日、再審開始に反対しないとの意見書を東京高裁に提出した。 再審開始が確実になり、無罪が言い渡される公算が大きくなった。

この事実に関して重視する点は2つ。
一つは、自白の信憑性。 もう一つは、DNA鑑定である。 前者は、これまでの刑事裁判でことごとく争点にされていたことなので、ここでは触れないが、問題はDNA鑑定である。 現在では、DNA鑑定は容疑者特定の決め手として広く使われるようになった。 だが、足利事件が起こった1990年当時は、DNA鑑定が産声を上げた時期で、鑑定技術や精度に疑問もあった。 科学技術が発達した現在では、DNA鑑定は兆分の1の一致率である。 しかし、19年前のレベルでのDNA鑑定率は、なんとそれが800分の1程度であった。

こういった、鑑定精度には目もくれず、DNA鑑定手法は、最先端の科学捜査の産物であるという先入観での判断・判決には大きな問題がある。 それにもかかわらず、度重なった、DNA再鑑定への依頼が棄却されたのは何故なのか。それらは、裁判官の科学捜査への盲信とともに、冤罪に対する意識の低さであったのではないか。

今後、DNA鑑定がポイントとなった過去の判決の見直しがされることが明らかになった。 当然のことだとは思うが、難点が一つある。 証拠物件の保存方法・状態である。 足利事件のDNA鑑定の対象である体液であるが、一般的な事件での証拠物件と同様、常温で保存されていた。 だが、かろうじで、判定が可能であった。 DNA鑑定のガイドラインでは、DNA鑑定資料は、氷点下80度の超低温状態で保管することになっていると聞く。 しかし、足利事件同様、そのDNA鑑定資料が常温で保存されていないとなると、量および質の劣化によって鑑定不能になる可能性もある。 日本政府は、DNA鑑定の再鑑定とDNA鑑定に用いた証拠物件の安定的保存を法制化すべきだと思う。

1992年、今回の足利事件と似た刑事事件があった。
2人の女児が殺害され、DNA鑑定が重要な証拠となった「飯塚事件」 である。 終始、無罪を主張し、この事件で有罪判決を受けた受刑者は、昨年10月死刑を執行された。 もしも、この受刑者が無実であったなら一体どうするのか。

日本で導入された、裁判員制度。 国民の健全な常識を裁判に反映させるのが目的である。 今回の事件を機に、冤罪と極刑が紙一重にあるという事実について深く考えてみる必要があるのではないかと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

草なぎ氏の公然わいせつ罪

SMAPの草なぎ剛氏が公然わいせつ罪で逮捕された後釈放された。

草なぎ氏が行った、まったくもって信じられない一連の行動であるが、もっと信じられないのは、マスコミやそのTV等主演者の擁護する発言や意見である。

元財務大臣の中川氏の酩酊疑惑(「中川財務相の辞任」)に関して書いたことがあったが、相変わらずこの国は、ドランカーにとってありがたいほど寛容な国であるということを再認識した。

まあ、店や屋内での飲み会や宴会で、酔っ払って素っ裸になるのは、まあ許せる。 花見シーズンの桜の木の下で、同じく真っ裸になるのはちょっとヤバイが、百歩譲って許せるかもしれない。 まあ、こういった状況で、周りに仲間がいれば、その場を盛り上げようという過剰なサービス精神が発揮されてもおかしくはないかなと思う。 「酒の席だから」で許される無礼講の最低限の範囲内であるのだが。 しかし、それと同等の行為を、深夜、ひとりで、屋外の公園にて、泥酔状態で、クダをまいていたわけである 。 はっきり言って、これは奇行以外の何物でもない。

もし、これが草なぎ氏でなかったら世論の反応はどうだったんだろうかと思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩国市長選結果は本当の民意か

米海軍艦載機移駐の是非を最大の争点にした山口県岩国市長選は、賛成派の福田良彦前衆院議員が、反対派の井原勝介前市長を小差で破り初当選した。

岩国市では、2006年3月に艦載機移駐の是非を問う住民投票が実施され、投票率約59%で移駐反対派が多数を占め、民意が示されていた。 続く市長選挙でも、井原前市長が、移駐容認派の対立候補を大差で退け再選された。 だがこの後、国からの補助金35億円を、「米軍再編に協力しない」という理由で突然カットされた。 これを機に、議会との対立が続き、予算成立と引き換えに井原前市長が辞任し、今回の選挙となった。

本来であれば、この市長選は、艦載機移駐問題に対する新たな住民投票という位置づけのはずだった。 だが、「岩国は夕張のように財政破綻する」、「前市長が再選されると税金が2倍になる」など、対立候補からのすさまじいデマと中傷が選挙期間中飛び交い、市民を不安に陥れた。 肝心の移駐問題は争点にされず、「現実的な対応をする」とコメントするだけで、福田陣営から具体的な施策はほとんど聞かれることはなかった。

移駐が実現すると、岩国は極東最大級の航空軍事基地となる。 訓練飛行による騒音や機体落下といった影響や不安を受けるのは住民である。 新市長および政府の責任は重大である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット参拝是非論争から連想するのはエアギター

2007年も間近に迫った。 地元の、永源寺や住吉神社。 少し足をのばして、川越の喜多院、大宮の氷川神社、東松山の箭弓神社など、参拝スポットは数多くある。  初詣はどこへ行こうかと、自分もあれこれ考え始めている。

そんな中、インターネット上での、参拝や祈願の是非について論争がある。 本来は、神社に出向いて、祈願するのが、正道で一般的だが、最近では、新宮神社のように、自らウェブサイトを構え、そこで祈願できるようなシステムを構築している神社も数多く見受けられるようになった。 しかし、全国の神社を管理・指導する神社本庁は、「ネットのような仮想空間に神霊は存在しない」 と、ネット祈願を実施する神社に対して、自粛を求める通達を出した。

自分は、この論争から 「エアギター」を連想した。 エアギターとは、ギターなしで、実際に、ギターを引くつもりで、BGMに合わせて、アクションをおこなう、いわば、ギターの弾きまねである。 このエアギター、世界大会も開催されているほどの社会現象で、多くのギタリスト(?)が、集って参加している。

はっきり言って、これは祈願する側の「気持ち」の問題である。 祈る場所がどうであれ、本人が、満足すればいいことである。 ネットでの参拝ではご利益はないと考える人は、直接出向くだろう。 それだけのことであると思う。 それを、科学的な根拠もなく、「神霊の存在」という観点から論ずるのは違和感を感じてしまう。 要は、どの場所・空間であれ、信仰の対象として、受け手が認識・判断することにとやかく言うべきではないと考える。

エアギターのように、ギタリストになりきる、または、自分をその世界に置く、という意味で、このネット参拝是非も同じ感覚だと思う。

ネット参拝は是か非か、初詣で前に揺れる神社界(YOMIURI ONLINE)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061216it04.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

メディア報道と権力への怒り (上)

自分が住む、東武東上線若葉駅の西口前に建設途中のマンションがある。
正確に言えば、建設途中ではなく、建設が中断している。  それも、中断して、もうかれこれ8ヶ月たつ。  通勤で駅に向かう途中眺める、この半ば廃墟化同然の建物のそばを通り過ぎるたびに、工事の再開のメドなどは、いったいどうなっているのだろうかと思っていた。

このマンションは、埼玉県初の天然温泉付高層マンションという触れ込みで、ホテル、マンション事業の大手である、アパグループが、一昨年、分譲受付を開始した物件であった。  駅前で、しかも天然温泉という魅力的な言葉で、地元近郊での大きな反響もあり、早期に完売間近までいったらしい。  しかし、時を揺るがした、一級建築士の姉歯氏による、マンション構造計算書偽造問題が噴出したことに端を発し、この若葉駅前に建設中の、「APAガーデン若葉駅前」も、構造計算書に不備があったとのことで、建設にストップがかかってしまった。

その後、埼玉住宅検査センターという機関が、この建築物を再審査している、というところまでが、公開になっていた情報であった。  その再審査の開始は今年の6月であった。  ところが、その審査結果が出ていないのかどうかわからないが、工事が中断して、8ヶ月たつが、アパからは、未だに公的な発表はない。  さらに、当該マンションの購入者に対して、売主であるアパからは、何の説明も何もなかったと聞く。  この時点で、アパ側の企業としての、方針、姿勢、責任、いずれに対しても釈明・弁明はなされていない。 まったくもって、このような、誠意に欠ける対応は、まずもって、ビジネスという観点から大きな疑問符が付く。  このマンションを買った人たちは、アパからの連絡も無いまま、悶々と過ごしていた事は想像に値する。

「メディア報道と権力への怒り (下)」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福岡の中2いじめ自殺について思う

何度、こういう悲劇を聞けばすむのだろうか。

福岡県筑前町の町立三輪中学校2年の男子生徒が、いじめを苦にした自殺した。
この自殺の原因となったいじめに、教師も加担していた、ということを聞き、驚きを通り越す。 若くして、自ら命を絶うとするまでに決心した、少年の心中を察すると、心が痛んでどうしようもない。

過去にも、同様のニュースがいくつかあった。 自分が鮮やかに記憶しているのは、20年近く前、同じようにいじめを苦にして自殺したケースだ。 この時の、少年を自殺に追いやった決定的な要因が、クラス中の皆が、「葬式ごっこ」を行ったことであったと思う。 それだけでも可愛そうなほど十分であったと思うが、なんと数名の教師もその葬式ごっこに参加していたことである。 この時の、少年が発した「このままでは『生きジゴク』になっちゃうよ」の言葉は痛切に心に残っている。

いじめというものは、どの社会においても、少なからず存在する。 学校のみならず、職場の世界でも耳にする。 だが、職場のいじめが原因で、自殺なんてことはあまり聞かない。 学校という、非公開の、閉鎖されたコミュニティではそれがありうるのか。

三つ提言したい。

1つめは、チェック機能をつかさどる、第三者的機関を設置することだ。 現在、教育委員会というものがその役割を担っているらしい。 しかし、この組織は、先生の不祥事への処罰がどうのこうのなどといった、教師にフォーカスしたチェック機関的な性格であり、児童・生徒が起因・関係した事象への対応に関しては、まるで機能していない、または機能させないでいるような感がある。 当然、いじめの事実把握や、いじめにあっている生徒の心理状況なんていうものには、消極的で、距離を置いている。

2つめは、もっと教職に、民間人を登用できるように制度を改めるべきである。 教職免許を取り、サラリーマンで言うフレッシュマンのころから、「先生、先生」とあがめられ、ちやほやされる。 今の、教師は、生徒にいかに気を引かれるようか、好かれようかしか考えていないのであろう。 生徒と同じ目線の意味を、かなり履き違えている。 生徒たちは、勉学も必要だが、それと同じプライオリティで、一般常識、行動規範、社会経験も必要だと思う。 今の教師のキャリアを考えると、それらを教えることには無理がある。

最後の3つめとして、教師、学校が、ここまで頼りなく信頼できないものであるということが暴露されているわけで、逆に、生徒たち自らが中心となって、いじめをさせない、いじめを許さない、いじめから守る、という目的で、校内組織を立ち上げることである。 もう、これ以上、無責任かつ、非常識な学校、教師たちにはまかせておけない。 この方法が、一番効果的、かつ効率的な校内の「浄化」であると思う。

これら3つが実現した場合、少なくとも、今回のような悲しい事態が仮に起こったとしても、「まったく知らなかった」、「いじめの認識はなかった」 は、無くなるであろうし、許されなくなるだろう。

悲劇が起きてからでは遅い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)