« 土佐発! 鍋焼きラーメン | トップページ | ランナーのマナー »

川越小江戸マラソン

Cimg4326

昨日、川越小江戸マラソンが開催された。

大会が行われるの埼玉県川越市は、県南西部に位置し、人口約34万人。 江戸時代には川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」の別名を持ち、神社や蔵造りの街並みなどの歴史的建造物が多く存在する。 また、昨年、NHKの連続朝ドラマ「つばさ」の舞台にもなった場所でもあり、知名度は上昇中である。

その川越で開催されるマラソン大会。 実は、過去に1回だけあった。 15年くらい前に行われたのだが、なぜかそれっきりで終わっている。 なので「小江戸川越マラソン」と称して開催される大会は今回が初めてなのだが、その大会のことがあるせいか、「第1回」という名称はこの大会には付けられていない。 ちょっと残念だ。

コースは川越水上公園を発着するコースで、ハーフ、10K、ファンラン(4K)の種目がある。 この大会の最大の魅力は、川越が誇る、蔵造りの街並みがマラソンコースに組み込まれていることである。 その街並みを眺めながら走るのは最高だろうなと思う。

ゲストランナーもこの大会にふさわしい有名なアスリートたちである。 谷川真理、早川英里、そしてダンカンである。 東洋大学陸上部からも10名が招待選手として走ることになっている。 その中には、昨年の箱根駅伝優勝メンバーが数人いたり、今ブレイク中(?)の設楽兄弟もいる。 なんとも豪華なゲスト・招待選手の面々である。

大会当日の朝、同じ大会役員をするSさん夫妻の車に乗せてもらい6時に会場である川越水上公園へ到着する。 朝日が昇りかけ始めたころで、まだあたりは暗い。 その中でも、何人かのスタッフは忙しそうに動き回っている。 ミーティングの後、バスに乗って各自の持ち場へ移動する。自分の持ち場と業務は、5Kポストでの監察業務である。 すでに走路部会の方たちが、準備を始めている。 本格的な準備は、道路が封鎖される8時からなので、その間に、コーンやパイロンの設置場所などの確認をする。Cimg4313 

8時になり、走路の準備を始める。 チームワークよろしく準備があっという間に完成する。 あとは、先頭の到着を待つのみである。 だんだん沿道にギャラリーが集まってくる。 スタッフジャケットを着ている自分に、いろいろと質問してくる。 「ここを通過するのは何時頃か」、「ゲストランナーは誰ですか」、「制限時間はあるんですか」 などいろいろだ。Cimg4317 

9時15分、ハーフ種目のランナーが先導バイクのあとに通過する。 東洋大の千葉選手と設楽(どっちだかわからない)選手が並走し、目の前を通り過ぎていく。 その10数秒あとに、東洋大選手の集団が過ぎていく。 彼らのユニフォームは、箱根駅伝などの大会で見かける鉄紺カラーではなく、白地に黒いロゴのユニフォームだ。

しばらくして、谷川真理が目の前を通り過ぎる。 ピンクを基調としたシャツとランパンに、アームウォーマーと膝タイツを着用している。 やはり谷川選手の走っている姿はオーラが出ているとともに、華があると感じる。 その後、しばらくしてからは、どんどん走ってくる選手が増えていく。 人の波がどどっと押し寄せるような感じである。 もうランナーの波、波、嵐、嵐。 道幅もそれほど広くないので、やや渋滞気味である。 いつになったら途切れるのかと思うほどたくさんの選手たちが走って(歩いて?)くる。

女性ランナーのおしゃれなことに感動する。 なんと言っても、ランニングギアがおしゃれである。 ランニングブームに乗って、各メーカーからたくさんのアパレルが出されているのだろうが、自分に合ったウェアの選択や着こなしが素晴らしいのである。 ギア以外で身につけるアクセサリーや小物でも、さりげなく自己主張している。 すべての女性ランナーがとても輝いて見えた。 それに比べると、男性ランナーは、まだまだ負けている。。。Cimg4321_2

その後の10Kレースでの先頭グループが通過した後、ファンランの部ゴールである川越市役所前へ移動する。 ここで、ファンランランナーのゴールへの誘導と、それ以外の選手のコース振り分けを行う。 相変わらず、途切れることなく選手が走ってくる。 ゼッケンの色の違いに注意し、ファンランの選手をゴールへ誘導する。 やはり、ファンランの選手は、表情も険しくなく  余裕もある。 ペアで走っているので、ゴールでは笑顔もある。 こういう楽しみ方ができるのも、マラソン大会の魅力の一つであると思う。

無事自分の業務を終え、会場へ戻る。 表彰式が行われている。 自分のチームメンバーも年代別の種目で多数の入賞者を出した。 嬉しい限りである。 表彰式では、ゲストのダンカンもプレゼンテーターとして参加し、絶妙のトークで会場を盛り上げている。 その光景を見ながら、大きなトラブルもなく、大会が終わろうとしている状況にホッとするとともに、全国から参加してくれたランナーの人たちは、この川越の街を楽しんでくれたかなと願う。 この素晴らしい大会をサポート出来たことは、自分にとっても喜びであり、また来年、ぜひお手伝いさせてもらおうと思う。

最後に、同乗させてもらったSさん夫妻、WGM関連の役員の方々、本当にお疲れさまでした。

|

« 土佐発! 鍋焼きラーメン | トップページ | ランナーのマナー »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。藤田です。

昔のランニング仲間からブログ教えてもらいました。

昨年の川越マラソン、私も参加しましたが、途中で脚の状態が悪くなりましたが、なんとかゴールしました。

Sさんにもゴール地点で会いましたよ。

投稿: マー助 | 2011年10月19日 (水) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46006/37879687

この記事へのトラックバック一覧です: 川越小江戸マラソン:

« 土佐発! 鍋焼きラーメン | トップページ | ランナーのマナー »