« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月の記事

ルルくん・イン・虎ノ門 その4(最終回)

ルルくん・イン・虎ノ門 その3」より続く。

その店とは、「カレーの店スマトラ」。
この店へは、昼食時はもちろんのこと、残業タイムまでの休憩時や、仕事が終わった後にもよく利用した。

だが、その店はなくなっていた。 まだ看板はあったが、シャッターが降り、トタン板で覆われていた。 とてもさびしい思いが胸をよぎる。 思い出の1ページがなくなってしまったかのようだ。 と同時に、昼ご飯をどうしようかという思いもわいてきた。 Nec_0003たしか、あと2軒、このスマトラのチェーン店(?)があったのを思い出した。 その1軒目は新橋駅へ向かう途中の繁華街にあったはずだ。 足を速める。 新橋は、同僚や先輩達とよく飲みに出かけた街である。 街並みは多少様変わりしたかもしれないが、「新橋」という雰囲気が十分にある。 しかし、たしかこのあたりにあったはずなんだがそれがない。 その周辺をぐるぐる回ってみるが見つからない。 ここの店もなくなってしまったのか。

一途の望みをかけて最後の店へ向かう。 大通りを少し銀座方面に入った店だ。 この店へは数回しか行ったことはなかった。 でもどうかまだ残っていますようにの思いを胸に歩く。 するとあった! カレーの店スマトラ。 ちゃんとあったではないか。 涙が出るほどの感激である。 この店のキャラクター(?)である無表情のインド人(?)が目に入る。 ついに帰ってきたんだと感無量である。 早速、店の中へ入る。

この店のメニューは、「スマトラカレー」(普通盛り)と「カレー大盛り」の2つのみ。 サイドディッシュで、サラダ、卵、らっきょうがある。 カレー大盛は、ルーが別皿で出てくる。 メニューも20年前と変わっていない。 テーブルには、3~4種類の薬味が置いてあり、好きにとって食べることができる。 カレーの普通盛りを注文する。

店内はカウンターのみである。 席はほぼ埋まっている。 コの字型のカウンター内では3人の従業員が忙しく働いている。 さて、注文したカレー普通盛りが出てきた。 大方のカレーの盛りつけ方といえば、お皿半分にご飯を盛り、片側にルーを盛るスタイルだ。 だがここのカレーは、平盛りにしたごはんの上からカレーソースをかけるスタイルだ。 この20年前と変わらないスタイルにあらためて感激する。

スプーンで一口食べる。 口の中でカレーとごはんが混ざり合う。。。 この味だ、この味。 ここのカレーを一口で例えると、家庭の味。 家庭の味にもいろいろあるが、ハイカラな家庭の味ではなく庶民的なカレー。 庶民的カレーというと、スーパーなどで買うことのできる固形ルーを調理したカレーをイメージするかもしれない。 だが違う。 手作りで、温かみがあるカレーである。

スマトラカレーの特長は、まず、カレーソースが、サラサラとまったりのちょうどいいバランスである。 これは煮込んだジャガイモがくずれてソースに溶け込んでいるからであると思う。 変に重ったるくなく、スプーンですくった感じがちょうどいい。 次に、具は豚肉のみ。 豚肉だけではないのだろうが、煮込んだことで溶け込み、認識できるのは豚肉のみである。 また、この豚肉も、脂が少ない肉で、適度な大きさで長方形に角切りされている。 これがこのカレーにぴったり合う。 最後に、適度にスパイシーである。 決して辛口ではないが、香辛料を上手く効かせたブレンドである。

もう無言、無心でカレーを食べる。 このカレーに再会できた喜びと幸福感でいっぱいであった。 また虎ノ門エリアを訪れる際は、ぜひこの店に来たい。 (完)Photo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ルルくん・イン・虎ノ門 その3

ルルくん・イン・虎ノ門 その2」 より続く。

新橋駅まで歩く。

通りの雰囲気は昔の面影を残してはいるがやや違和感を感じる。 やはりよく利用していた店がなくなっているからであろう。 ここにはあの建物が建っていたよな。 あそこには、行こう行こうと思っていたけど、行くことのできなかった店があったはずなんだけど。 20年以上も経てばそれも当り前なのかもしれない。Cimg1602 

そんなさびしい光景を見ながら歩く。
小諸そばがあった。 Cimg1601_2

小諸そばは関東一円に店舗を構える立ち食いそばのチェーン店である。 だが侮ってはいけない。 そばの、まるで打ち立てのような歯触りと香りのよさ、江戸前そばのような甘ったるい感じがなく柚子の風味がよく合うつゆ、そして店内で揚げている、ゲソや小柱が入ったかき揚げ。 ここのかき揚げそばは絶品である。 かけそばと天丼がいっしょになった天丼セットもお得な値段で味、ボリュームともに満足のいくものだった。 自分も当時、かなりお世話になった。

ここで食べたい郷愁にかられたが踏みとどまる。
すでに、この虎ノ門への久々の訪問でのランチはここでと決めてある。
さらに歩を進める。 目指す店の名は、「カレーの店 スマトラ」。

ルルくん・イン・虎ノ門 その4(最終回)」 へ続く。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »