« ヘソンちゃんを観に行った | トップページ | エスプレッソマシンでカフェを満喫 »

ルルくん・イン・みちのく その1

東北新幹線で大宮から1時間半で米沢駅に着いた。東北地方と言えば、都会からは随分と遠いイメージがあるが、米沢市は山形県の南端に近い場所なのでそう時間はかからない。山形はちょうど1年前に酒田へ行って以来2度目である。「酒田ラーメンを食べた」参照)

米沢と言うと真っ先に頭に思い浮かぶのが 「米沢牛」。事前に、グルメガイドで駅近くの米沢牛専門店をチェックしていたのだが、前夜の深酒がきいて、二日酔い状態。せっかく豪華ランチのためのお金も前日に引いていたのだが、まだ少し気持が悪いのでやめにせざるをえなかった。

米沢駅の新幹線のホームは、よくある高架式のプラットフォームでなく、在来線と同じグラウンドレベルにある。改札出口付近で駅弁を売っている。米沢には、米沢牛を使った駅弁が各種ある。その多くはすき焼き系の駅弁で、中でも「牛肉どまんなか」は有名である。山形生まれのお米「どまんなか」の上にすき焼き肉とそぼろ肉をたっぷり乗せた駅弁である。売り場からいい匂いがただよってくる。でも今の自分にはちょっと無理だ。結局、駅そばを食べることにした。前夜プランした米沢牛ランプ和風ステーキ定食¥2,900 と比べれば、かけそば¥290 なりなので、出費は大幅に抑えることができたが、なんとも心残りである。この駅そばのお店にも、肉うどん・そばや牛丼もあったが、米沢牛使用とは書いてなかった。でも、ミニ牛丼でさえ¥450くらいしてびっくりした。

ルルくん・イン・みちのく その2」へ続く

|

« ヘソンちゃんを観に行った | トップページ | エスプレッソマシンでカフェを満喫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46006/24901144

この記事へのトラックバック一覧です: ルルくん・イン・みちのく その1:

« ヘソンちゃんを観に行った | トップページ | エスプレッソマシンでカフェを満喫 »