« 安倍首相が続投 | トップページ | ルルくん・イン・ロンドン その2 »

ルルくん・イン・ロンドン その1

ロンドンへ出張となった。

この時期、ビジネスラインでの次年度の目標と方向性を発表・確認するためのキックオフ的な会議が、各拠点地域で開催される。 今回は、欧州地域でのゲストとして招かれた。 以前の、「ルルくん・イン・オーランド」でも書いたが、こういった類の出張は大いにエネルギーを使う。 単なるキックオフというセレモニーだけでなく、付加価値的に、グループ・ディスカッションやショート・プリゼンテーションも要求される。 これが毎回のことながら自身に大きな負担となった。 そして今回、多分ゲストとはいっても、こういった面でのレベルは対等だ。 もしくは、異なった地域からの参加と言うことで、逆に、ニューアイデアということで、それらのディスカッションやプレゼンをリードしていくという期待も背負っているのかもしれない。 これまでになく、この出張は気が重い。

今回はANAの成田-ロンドン直行便を利用した。 幸いなことに、自分の隣は空席だ。 隣に人がいるといないとでは、機内での過ごし方が大きく変わってくる。 それは境界にある肘掛けだ。 これはどっちに座った人のものだろう、といつも考える。 自分は、通路側か窓側に席を確保できた場合、その中間席に乗り込んできた隣の人に、「遠慮せずにこの肘掛は使っていいですよ」 と言う。 自分も何度か経験があるが、中間席でのフライトは 「拷問」に近い。 やはり、肘掛けの、このわずかな空間を使わせてもらえるかどうかで、機内での快適度は違ってくる。 だから自分は弱者救済とまではいかないだろうがいつもこう言う。

しかし、こんな自分の遠慮や気遣いなど関係なく、堂々と、席に座ると同時に、肘掛けを、先手必勝のごとく確保しようとする人もいる。 まあ、別にいいかなとも思うが、一応、こちらの肘で、相手の肘を押し返す。 相手はやはり気まずいと思うのか、すぐに引っ込める。 こんなことをする自分って、大人げ無いかな、と思ったりもする。。。

ルルくん・イン・ロンドン その2」  へ続く。

|

« 安倍首相が続投 | トップページ | ルルくん・イン・ロンドン その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46006/7400841

この記事へのトラックバック一覧です: ルルくん・イン・ロンドン その1:

« 安倍首相が続投 | トップページ | ルルくん・イン・ロンドン その2 »